お墓

永代供養の個別墓と合同墓ならあなたはどちらを選ぶ?両者を徹底比較

永代供養とは
お墓参りなどが頻繁にできない
遺族のために
お寺や霊園が変わって
供養してくれる埋葬の形です。

その永代供養には
個別墓と合同墓があります。

今回は、両者の違いや
善し悪しを徹底比較し
解説してまいります。

永代供養における個別墓について

永代供養の個別墓は
その名の通り
個人やその家族の
個別のお墓という意味で

マンションタイプ
一般のお墓と同じ
墓石タイプがあります。

永代供養は合同墓が多いのですが
昨今は個別墓の利用が
増えてきています

個別のお墓であれば
普通のお墓と
さして変わりはないし

永代供養がついていることで
安心できることが理由です。

個別墓が向いている人

個別のお墓なので
他の人と一緒のお墓に
入りたくない
人には
適しているでしょう。

また、夫婦や家族一緒に
お墓に入りたいと願う人にも
うってつけです。

小ぶりではありますが
扱いは一般のお墓と同じなので、
お参りもしやすいでしょう。

個別墓のメリット

個別墓の場合
個別であるために
他の人の遺骨と混ざる事は
無い
のです。

また、夫婦や家族も一緒に
お墓に入ることができます。

一般のお墓と
考え方は同じなので
宗教や宗派を問うことも
ありませんし

墓石タイプの個別墓なら
故人の意向や好みを反映した
お墓
にする事ができます。

多くの場合で
費用がかかるのは最初だけです
その後の管理費や維持費はかかりません。

もちろん、永代供養なので
頻繁にお参りする必要もありません。

個別墓のデメリット

個別墓は合同墓よりも
費用がかかります。

墓石タイプでしたら
墓石の値段によっても
変わってくるでしょう。

また、マンションタイプ
の場合は、納骨する場所を
決める事は出来ません

多くの場合
個別墓には契約期間があります
その契約期間を過ぎると
他の遺骨と一緒に合祀
されます

合祀されても
供養はきちんとされるので
そこは心配する必要はありません。

個別墓の費用

個別墓の費用の相場は
30万円〜100万円
とされていますが

これは、納骨堂や
マンションタイプの
個別墓の相場でしょう。

墓石タイプになると
その費用の幅は広がります。

一般のお墓と遜色ない
ものにした場合
石の種類にもよりますが
70万円〜200万円
と高額になります。

個別墓の口コミ

火葬式(直葬)ー口コミ

様々な口コミがありますが
下記の2点は多かったです。

大切な人を偲び
お参りをする時…
その人を象徴するのがお墓です。

個別墓はその人を
尊重しているという証でしょう。

永代供養における合同墓について

永代供養の合同墓は
個別のお墓ではなく
さまざまな方々との合同のお墓です。

そのため、お墓参りは
それぞれの日で
それぞれの遺族や親族が
来るでしょう。

故人がそこにいるとしたら
それは賑やかな場であるはずです。

合同墓が向いている人

少子化が問題となっている
昨今では
お墓があっても継いでくれる
人がいない場合があります。
そういう人には
永代供養は向いているでしょう。

また、お墓を維持する費用や
管理の事で、遺族に煩わしい
思いをさせたくないために
永代供養を選ぶ人もいます。

それを踏まえたうえで
合同墓が向いている人は、
自分が死んだあとは
何もわからないのだから、
何処に入ろうと構わないって方ですね。

これから、お墓を建てるに
しても、費用面が厳しいという
場合も向いていると言えましょう。

合同墓のメリット

合同墓は基本的な費用が
抑えられます

個別の墓石などが必要ないからです。
永代供養ですし、お墓を継承する人が
いなくても心配ありません。

合同墓でもお墓に変わりは
ないので、無縁墓にはなり得ません。

多くの場合
宗教や宗派を問わないので
無宗教でも入る事ができます。

また、寂しがり屋の人は
他の人と一緒なので
安心でしょうし
さまざまな人がお参りに
訪れてくれるはずです。

合同墓のデメリット

合同墓に遺骨を納めた場合
後から取り出す事はできません

遺骨は骨壷などから取り出し
直接お墓に入れるため
他の遺骨と混じってしまっているからです。

また、合同墓は個人のお墓では
なく、共同のものなので
お参りの際、故人と向き合って
いる実感がない
事も
デメリットのひとつです。

お花や線香をお供えする
スペースがないところもあります。

合同墓の費用

合同墓は基本的には安価です。

個別墓のように墓石が
必要ないため
金額の変動はありません

一般的な相場は
総額で10万円〜30万円
となっていますが

地域や合同墓の場所によっては
3万円〜5万円
の場合もあります。

今はたくさんの広告などが
ありますので
ニーズにはあったものを
検討してみましょう。

合同墓の口コミ

火葬式(直葬)ー口コミ

やはり、誰かを残して
先に逝く可能性のある人は
後の事を考えてしまう
ものなのでしょう。

自分の死後
周りに負担をかけない
ように、合同墓を選ぶ人が
増えるのも納得です。

永代供養の個別墓と合同墓のまとめ

今回は永代供養の
個別墓と合同墓を比較してみました。

それぞれ良い点も、また
譲れない点もあったでしょう。
もう一度振り返ってみます。

まとめ
  1. 永代供養における個別墓について
  2. 〇個別墓とは個人やその家族
    個別のお墓の意味
    〇マンションタイプと
    墓石タイプがある

  3. 個別墓が向いている人
  4. 〇他の人と一緒の墓が嫌
    〇夫婦や家族一緒の墓がいい

  5. 個別墓のメリット
  6. 〇他の人の遺骨が混ざらない
    〇夫婦や家族一緒の墓に入れる
    〇宗教や宗派を問わない
    〇故人の意向を反映できる

  7. 個別墓のデメリット
  8. 〇合同墓よりも費用がかかる
    〇墓石によっては高額になる
    〇マンションタイプは場所を
    選べない
    〇契約期間を過ぎたら合同墓に
    移動される

  9. 個別墓の費用
  10. 〇基本30万円〜100万円
    〇墓石の種類によっては
    70万円〜200万円

  11. 個別墓の口コミ
  12. 〇個別墓は故人を尊重している
    事の証

  13. 永代供養における合同墓について
  14. 〇合同墓とはさまざまな人との
    合同のお墓

  15. 合同墓が向いている人
  16. 〇お墓を継ぐ人がいない
    〇費用や管理の面で家族に
    負担をかけたくない
    〇墓を建てる費用が厳しい

  17. 合同墓のメリット
  18. 〇費用が抑えられる
    〇墓石代が不要
    〇墓の継承者が不要
    〇故人が寂しくない
    〇無縁墓にならない
    〇無宗教でも問題ない

  19. 合同墓のデメリット
  20. 〇後から遺骨を取り出せない
    〇故人と向き合う気持ちになれない
    〇お花や線香を供えられるか不明

  21. 合同墓の費用
  22. 〇基本的な総額
    10万円〜30万円
    〇地域や墓の場所によっては
    3万円〜5万円

  23. 合同墓の口コミ
  24. 〇合同墓は残された家族の
    ために選ぶ事が多い

核家族の増えた昨今
永代供養を希望する人が
増えてきています。

個別墓でも合同墓でも
後々、遺族にかかる負担を
考えれば今風なのかもしれません。

人は生まれ落ちたら
必ずいつかは亡くなります。

自分の後始末を考える上でも
残す大切な人達に
迷惑はかけたくないものです。

お墓の事を考えるのは
その大切な人達への
最後の愛情なのではないでしょうか。

「喪主24時」の人気記事
関連記事はこちら