服装

喪服の女性用を格安で準備する方法4選【葬式に間に合わせよう】

冠婚葬祭は、何かとお金がかかるというイメージがありますよね。

葬儀もブラックフォーマルの服やバッグなど準備するものが多く、私は突然の出費に痛い思いをしたことがあります。

今回は、そんな急な出費にも慌てないように、女性向けの喪服を格安に手に入れる方法を4つご紹介します!
今の時代、様々な方法で、手頃に喪服は手に入ります。

これらどれかの方法をすぐ実行して大事なお葬式に間に合わせましょう。
ぜひ参考にしてくださいね。

ネット通販で人気の格安喪服を買う

ネット通販では、格安な価格で喪服を入手することが可能です。
ネット通販は、店舗ほど、土地費用や人件費などがかからないので品物自体の価格を抑えることが可能になっているのです。

以下のような喪服が売れ筋では最安値ではないでしょうか。
楽天などのネット通販を使えばポイントも利用できてより安く購入することができます。

これより安い場合は、アンサンブルでない可能性がありますので、注意して下さい。
商品が届いたら、ワンピースのみだったとなると告別式には厳しいです。

【女性の喪服】長い目で見て格安な選び方

喪服は、年に数回しか使わないものです。
なので、高くても良いものを買うか、とりあえず安く済ませるか、考えてしまうと思います。

一方で、自身の年齢も重ねるにつれて、周りから見られる目も厳しくなりがちです。
そう考えた場合、喪服自体はいつも良いものをずっと着ていたいものです。

品質の良い喪服を一着持っているだけで、その後は、購入する必要がなくなります。
そのように考えると、長い目で見ると格安なのではないでしょうか。

1万円代半ばで高くはないですが、ネット通販なら以下のような商品で十分よろしいかと。
さらに良いものをという場合は、2~3万円のものを選ばれると良いでしょう。

女性の喪服はレンタルも格安


もし、現状は予算が厳しいな・・というあなたに大変オススメなのが、喪服をレンタルすることです。

レンタルの利点は喪服だけでなくフルセットで用意できるので小物を用意しなくて良い点です。
あとは、クリーニングに出さなくて良いことですね。

レンタルの場合、格安で喪服セットを借りることが可能です。
また、マタニティ用も用意されているので、その時々に合わせた喪服を準備できるのです。

以下のショップのように喪服単品だけでなく、フルセット(靴、ネックレス、バッグ、ストッキング)で利用することができます。
通常購入する場合、バッグでも安くて2000円はするので、大変ありがたいです。

16時までに注文すれば、当日発送ですので、急に行われる葬儀にも間に合わせることも可能です。
3泊4日で往復送料無料です。

もちろん、返送する時もクリーニングは必要ありません。
忙しい中葬儀に参列する現代人にとって、言うことなしのサービスでしょう。

格安の喪服は『メルカリ』で手に入る


今の時代、喪服も『メルカリ』で手に入れることができるのはご存知ですか?
喪服だけでなく、バッグなどの小物類なども出品されています。

メルカリの品物や購入価格は、毎秒変化しているので一概には言えませんが、筆者が調べた限りでは「未使用・新品」で調べたところ、1800円から品物を見つけることができました。
小物も同じ出品者が出品しているものも見つけましたので、同時購入すればさらに値下げの交渉が可能かもしれませんよ。

他の品物でも同様のことが言えますが、喪服もサイズやデザインがありますので、失敗しないようきちんと出品者とコミュニケーションすることに注意しましょう。
私は、洋服に関して、自分のサイズで表示されているだけで安心してしまい、丈の長さが思ったよりも長かった失敗があります。

喪服は特にスーツ同様、フィット感や見栄えの良さが大切ですよね。
格安購入を成功させるためにも、着丈や袖丈、膝丈など細かくチェックすることをオススメします。

ただし出品物が1度でも葬儀に参列した時の喪服の場合、スピリチュアルなものに抵抗があるなら避けた方が無難でしょう。
また急ぎの場合は、出品者が迅速に配送をしてくれるかどうかの確認も必要です。

予算がないとき喪服は他人に借りると格安?

予算がそんなにない場合、思い切って他人に喪服を借りるのも有効な手段だと言えます。
実際に、以下の方のように、家族から喪服を借りている人もいます。

サイズのフィット感や年代も関係してきますが、もし自分と似たような体型の人が近くにいる場合、借りるということも検討してみてはいかがでしょうか。

ただし友人知人なら、クリーニング代やお茶代なども含めると3,000円(クリーニング代2,000円前後、お茶代1,000円前後)位はかかります

女性用の喪服を格安で用意する方法まとめ


喪服は、年に数回しか着ないもの。
だからと言って、急な行事に備えた予算はない!というあなたにオススメの、喪服を格安で手に入れる方法をまとめました。

以下ご確認ください。

女性用の喪服を格安で用意する方法まとめ
  1. 長い目で見て格安かどうかを考えよう
    • 品質のよいものは、少し高くても長い目で見ると格安
    • ネット通販で人気の格安喪服を買う
  2. 一度しか着ないなら、レンタルを活用しよう
    • フルセットレンタルは、購入費用と比べて格安で準備できることが一番の魅力
    • マタニティ用もあり、その時々に沿った喪服を簡単に用意することができる
  3. メルカリも格安で喪服を手に入れる有効な手段である
    • 喪服単品もセットの小物も安く出品されている
    • スピリチュアルなものに抵抗がある場合は避ける
  4. 他人に借りる
    • 知人や家族など、体型が似ている人がいれば借りられるかどうか尋ねてみよう
    • クリーニング代やお茶代に3,000円位はみておく

今は新しいサービスがどんどん生まれているため、格安ネット通販、レンタルやメルカリなど、色々な方法で格安で喪服を手に入れられるようになりましたね。

ご自身のお財布事情や、今後のことも考えつつ、急に葬儀に参列することになったあなたにとって有効な手段が見つかれば幸いです。

なお喪服は相手のためにもご自身のためにも必ず揃えて下さいね。
喪服を着ていなかった人のお話を以下の記事で紹介しています。
どうぞご参考になさってください。

喪服をまだ持ってないなら必読!お通夜で喪服を着ていなかった人の話喪服って いつか買わないといけないのはわかるけど なんとなくまだ買っていない。 そんな風に考えている方は 意外とたくさんいら...
「喪主24時」の人気記事
関連記事はこちら