服装

30代にふさわしい喪服とは?男女別に選ぶときの注意点を解説!

30代。
それは喪服選びが難しい時期です。
大人ではあるけど、若々しいところも見せたい!

でも喪服ってどれも同じじゃないの?

そう思いますよね。
しかし喪服には様々なタイプがあります(特にレディースは)。
喪服の選び方を間違えると老けて見えたり、幼く見えたりしてしまうのです。

そこで本記事では、30代の喪服選びについて以下の通り解説していきます。

  • 30代になったら早めに喪服を準備しておきたい理由
  • 30代に似合う喪服【男女別】
  • 30代が喪服を選ぶときの注意点
  • 30代で初めて喪服を買うなら「ブランド喪服」という選択肢

30代ならではの喪服選びとは何なのか、最後までお読みいただくと知ることができます。

30代前半で喪服を買い、後になって気付いたことがあります。
私の経験をもとにお伝えしますのでご参考になさってください。

あなたの選ぶ喪服が最高の一着となりますように。

30代になったら早めに喪服を用意しよう

30代になったら、お葬式の参列予定がなくても早めにご自身に合う喪服を買っておいたほうがいいです。
20代に比べて30代になるとお葬式に参列する可能性がグッと上がるからです。

歳を重ねていけば交友関係も変わっていきます。
例えば、結婚したら親戚が増えますし、仕事での人事異動や転職先で新たな同僚との出会いがあったり。
知り合いが増えれば、考えたくはないですが、どうしてもそういう不幸も増えてしまいますね。

そしてお葬式というのは、だいたい突然知らせがくるものです。
その時に慌てないよう、あらかじめ喪服を用意しておきましょう。

余裕なく慌てて喪服を買うと、「これじゃなかった」なんてことにもなりかねません。

私の場合も30になってから結婚し、急にお葬式が増えました。
「明日お通夜」なんて言われたりするので、バタバタしちゃいましたね。。

そして必要にかられ慌てて買った私の喪服は「可もなく不可もなく」、トレンドは一切無視の地味な喪服です(汗)

30代に似合う喪服

では30代に似合う喪服のデザインとはどんなものか。
男女別に解説していきます。

女性の喪服

ジャケットとワンピースがセットになった「アンサンブルタイプ」が一般的であり、使い勝手も良いです。
スカートは「フレアスカート」が動きやすく、膝も隠れて上品に見えます。
刺繍やリボンなどの装飾は控えめに、エレガントで落ち着きを感じさせるものがベストです。

20代ですと襟や裾が丸みを帯び、リボンをあしらった可愛らしいデザインのものが似合います。
しかし30代にそれを着ると、可愛過ぎてしまうのです。

肩パットの厚みにも注意しましょう。
肩を大きく見せるのは、ちょっと古めかしい印象です(バブル的な?)。

以下のような喪服であれば30代の女性にぴったりです。

男性の喪服

男性の喪服は、基本的に年代を問わず着られるものです。
形はビジネススーツと一緒で、上着はシングルでもダブルでもかまいません。

色だけは注意してください。
正式な喪服とビジネス用のブラックスーツでは結構色味が違います。
これについては次の動画が非常にわかりやすいのでご覧ください。

多くの人が集まる中、チョイスを間違えると浮いてしまいますね。。
男性は以下のような喪服がスタンダードとなります。

なお、シングルかダブルかで迷った際は、以下の記事をご参考になさってください。

ダブルの喪服ってダサい?後悔しない考え方を解説【結論はシンプル】喪服の上着には、シングルとダブルがあります。 そこで、こんな疑問の声を聞くことがあります。 そういえば最近スーツもダブル...

30代の喪服選びは慎重に!

喪服は頻繁に買い替えるものではありません。
30代で買った喪服は、40代でも着るだろうということを頭に入れておきましょう。
長く着ることを考えて気を付けておきたいことは以下の通りです。

サイズ

ジャストサイズより、ワンサイズは上を選んでおくのがおすすめです。
30代になると体型も変化しやすいのですよ。

私自身、30代で出産を経験し、体型は変わってしまいました。
私の夫も「いつの間にか喪服がキツくなってた」と申しております。

はっきり言いますと、30代くらいになると太りやすいし痩せにくくなるんです!
悲しい現実なんですけど!
ですので、喪服もサイズにややゆとりを持たせておけば長く着られるようになりますよ。

飽きのこないデザイン

細かいところまで見極めて、本当に心から気に入ったデザインを選んでください。
長く使う上で「飽き」は致命的です。

喪服でなくても「この服、もうなんか違うな」って思ったらもう着ないですよね?

若いうちに買うと、ありがちな失敗ですね。
30代で初めて買うなら、しっかりこだわって選びましょう。

縫製

裾や袖など、縫製がしっかりしているかどうかも重要です。
長く着るということは、長持ちさせるということですから。

お葬式では立ったり座ったり、移動したりと何かと動き回るものです。
30代ですと小さいお子さんがいる場合もありますし、じっとはしてられないですよね。
そこで縫製が雑なものでは、すぐにほつれてしまいます。

毎回ほつれを直しながら着るのも面倒ですよね。
ですから、買うその時に、縫製のチェックはしておくべきなのです。

オールシーズン

どの季節にも使い回せる喪服を選びましょう。
先程も言いましたが、お葬式の知らせは突然きます。
季節など選んでくれません。

レディースのアンサンブルタイプでは、ワンピースが五部袖から長袖となっています。
暑い日であればジャケットを脱ぎ、ワンピース一枚でも大丈夫です。

メンズの場合も、ジャケットの下に着るワイシャツは半袖を選べます
ただし、通夜式や告別式など正式な場ではジャケットを着用してくださいね。

逆に真冬はスーツの上にコートを重ねてもOKです。
この場合のコートのデザインは装飾がなく、色もブラックなど落ち着いたものがいいですね。
例えですけど、真っ赤なイカツイコート着てこられたらドン引きですよね。。

30代からのブランド喪服のすすめ

30代で初めて喪服を買うなら、「ブランド喪服」という選択肢もあります。

「ブランド」と聞くと、何となくそれだけで買い渋っちゃう方もいるかと思います(私もそうです)。
ですが、一度見るとまずそのデザインに心ときめきます!

ブランド喪服は値段こそ少々お高いですが、「長く使いたい」という願いは確実に叶えてくれますよ。
「30代で買う喪服は一生モノ」と思えば、かえってお安いのかと。

ブランド喪服はデザインにしろ、縫製にしろ「ちゃんとしたやつ」です。
30~40代の女性に人気のブランド喪服の1つに「組曲」があります。
以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧になってみて下さい。

私が持っている組曲の喪服
組曲の喪服を愛用している私が使用感やおすすめ商品を解説しますレディースの喪服を選ぶ際にどんなブランドを思い浮かべますか?その中でも特に人気の高いブランドが組曲です。とても上品で特に30代、40代に支持されています。今回は、組曲の喪服を愛用している私(30代)が使用感やおすすめ商品を解説します。...

30代の喪服まとめ

30代の喪服選びがいかに重要か、おわかりいただけましたか?
本記事の要点をまとめると、以下の通りです。

30代の喪服に関する要点まとめ
  • 30代になるとお葬式に参列する機会が自然と増えるので、何もないうちに喪服を購入しておいたほうがいい
  • 30代女性に似合う喪服は、装飾が控えめのエレガントな「アンサンブル」
  • 男性の喪服については年代問わず、ビジネススーツと同様の形
  • ただしビジネススーツと喪服では色が違うので、注意が必要
  • 30代が喪服を選ぶ上でチェックすべきことは「サイズ」「デザイン」「縫製」「オールシーズン対応」
  • 30代で初めて喪服を買うなら「ブランド喪服」もぜひチェックして!

30代はヤングとアダルトの中間地点。
喪服選びも難しいですが、喪服のことを真剣に検討できるチャンスの時でもあります。

一生モノとなるあなたの運命の一着、ぜひ探してみてください!
なお30代に相応しいアクセサリーについては、以下の記事をご覧になってください。

【保存版】喪主の妻が身につけるべき本当のアクセサリーとは?喪主の妻として葬儀に参列するけれど どんなアクセサリーを着ければいいの? そうネットで検索すると 驚くほど異なる意見であふれて...
「喪主24時」の人気記事
関連記事はこちら