香典

【保存版】香典の中袋の書き方!全てのパターンを画像付きで解説!

あなたは香典の中袋の正しい書き方を
知っていますか?
私は香典を用意する際に中袋の
書き方に迷った経験があります。

  • 金額の書き方ってどうだっけ?
  • 名前と住所はどこに書くの?
  • 連名で出すときの書き方は?

等々、いざ香典の中袋を書こうと思っても
分からないことが多くて
筆が進まないものです。
香典の中袋の書き方を教わる機会は
普段の生活ではあまりないですからね。

あなたが迷わずに香典の中袋を
書くことが出来るように
香典の中袋の正しい書き方について
全てのパターンを画像付きで解説いたします。

なお中袋がない香典袋の書き方については
下記の記事をご覧ください。

中袋なしの香典の書き方を図解入りで解説&あるあるの失敗談5選!あなたが葬儀の参列前に香典袋を 用意したら中袋なし、、、。 「え?これどこに書くの?」 「受付で香典を出したら他の香典と違...

香典の中袋の正しい書き方は金額・名前・住所を書く


香典の中袋には
以下の3つを記入します。

  • 中に入れている金額
  • 名前
  • 住所

香典の中袋へはこの3つを
必ず書くようにして下さい。

なぜなら、遺族は中袋に書かれている
金額・住所・名前を確認しながら
香典返しの準備をします。

香典返しのための集計作業はとても
手間がかかります。
そのため、中袋へは郵便番号から
わかりやすく書くことが
遺族への配慮
になります。

香典の中袋の書き方には2つのパターンがある


香典の中袋の書き方には
以下の2つのパターンがあります。

  • 表面に金額、裏面に住所・名前を書く。
  • 裏面に金額・住所・名前を書く。

香典の中袋に金額を表面に書く場合の書き方

下の例のように表面の中央に
縦書きで金額を書きます。
香典の中袋表面の書き方

そして住所・名前は裏面に書きます。
香典の中袋裏面の書き方

香典の中袋に金額を裏面に書く場合の書き方

裏面の右側に金額を書き
左側に住所・名前を書きます。

金額を書くのは
表面裏面どちらでも構いません。
どちらかと言うと
表面に金額を書くことが多いです。

香典の中袋の金額の書き方


金額は旧漢字と言われる難しい漢字で
書くことが一般的マナー
です。
「一」「二」などの簡略文字では
数字を改ざんされる可能性があるため
旧漢字を使用すると言われています。

旧漢字の書き方は以下の通りです。

  • 「一」→「壱」
  • 「二」→「弐」
  • 「三」→「参」
  • 「五」→「伍」
  • 「七」→「七」
  • 「八」→「八」
  • 「十」→「拾」
  • 「千」→「千円、阡円、阡圓」
  • 「万」→「万円、萬円、萬圓」
  • 金額を書く時は始めに
    「金」を付ける必要があります。
    例えば、1万円であれば
    「金壱萬円也」と記入します。

    最後の「也」は
    書いているほうが礼儀正しいですが、
    絶対に必要ではありません。

    昔からの風習の1つとして
    残っているものです。
    金額が大きければ付けるなどの説も
    ありますが、しっかりとした根拠はありません。
    最近では簡略文字を使う方もいます。
    旧漢字は少し見慣れない難しい漢字ですよね。

    しかし、
    社会人であれば旧漢字を使うほうが
    無難でしょう。

    私が上司の葬儀に参列した時も
    やはり旧漢字を使っている方のほうが
    多かったです。

    「一」「二」などの簡略文字より
    旧漢字で記入するものだよ!
    と注意を受けたことがあります。
    旧漢字を使うことが
    一般的マナーと認識している方が
    多いです。

    特に目上の方の葬儀では
    注意しましょう。

    香典の中袋に記入欄が印刷されているときは記入欄に沿って書く


    最近では記入欄が印刷されている
    香典の中袋もあります。
    印刷されている場合は、
    記入欄に沿って
    金額・住所・名前を書きましょう。

    記入欄が横書きで印刷されているときは横書きで記入する

    横書きで印刷されている場合は
    横書きで記入しましょう。

    横書きでもマナーは大丈夫?
    と思うかもしれません。
    しかし、印刷されている記入欄を
    無視して縦書きにするほが不自然です。

    横書きの金額の書き方は
    アラビア数字を使用します。
    金額の前に「」や「」と書きましょう。

    例えば、5,000円であれば
    金5,000円」や「¥5,000」と書きます。

    連名で香典を出すときの中袋の書き方


    2名以上の連名で香典を出すことも
    あると思います。

    連名でも基本的な書き方は変わりません。
    しかし、住所や名前を書く順番は
    一緒に出す人との関係によって変化します。

    夫婦で連名にするときの香典の中袋の書き方

    夫のフルネームのみ書くこと
    一般的です。

    しかし、故人との関係が夫婦共に
    深い関係である場合は、
    夫のフルネームの隣に妻の名前を
    書いても良いでしょう。

    例えば、「山田 太郎」と
    夫の名前を書きます。
    その隣に「花子」と妻の名前を
    書きましょう。

    基本的に香典を用意するのは収入を
    得ている成人のみです。
    しかし、子供の同級生など子供の名前を
    書かなければ、故人との関係が
    わからない場合もあると思います。

    その場合は、「1年1組 ⚪︎⚪︎ ⚪︎⚪︎」と
    子供の名前も記載しても良いです。

    2〜3名で連名にするときの香典の中袋の書き方

    全員の住所と名前を
    書きましょう。

    名前を書く順番は年功序列です。

    名前を書く順番は
    右側から年上順です。

    特に格差のない関係の場合は
    五十音順で記載しましょう。

    4名以上で連名にするときの香典の中袋の書き方

    代表者の住所と名前を書きましょう。

    香典を連名で出すときに
    名前を記入するのは3名までです
    これは昔からの風習もありますが、
    4名ではバランスも悪くなり
    見にくくなります。

    代表者名の隣に「外一同」と
    記入しましょう。

    そして、他の連名者は別に白紙の紙を
    用意し住所・名前を書き
    香典の中袋へ入れます。

    下に記入例を挙げています。
    名前を書く順番は右側から年上順に
    書いていきます。

    1人1人の出した金額が違う場合は
    名前の横に金額も記載しておきましょう。

    会社・団体で連名にするときの香典の中袋の書き方

    住所は会社(団体)の住所を記載します。

    会社名、部署名を書き
    「⚪︎⚪︎会社 一同」
    「⚪︎⚪︎部署 一同」等と
    書きましょう。

    会社の名前で連名で出した場合
    個人個人の住所や名前は不要です。

    個人の住所や名前を書かれては
    遺族は1人1人に香典返しを用意する
    必要が出てきます。

    それは、遺族にとっての負担になります。
    会社や部署が代表して香典返しを
    受け取るようにしましょう。

    なお香典袋ですが、
    以下のようなものなら
    どこにお出ししても支障ありません↓

    香典の中袋の書き方のまとめ

    香典の中袋の書き方は色んなパターンがありますね。
    社会人になれば基本的マナーを知っていなければ
    恥ずかしい場面もあります。

    香典袋を買ってから焦ることがないように
    以下に香典の中袋の書き方をまとめておきます。

    1. 香典の中袋には
      • 金額
      • 名前
      • 住所

      を記入する

    2. 香典の中袋の書き方には
      2つのパターンがある
      • 香典の中袋の表面に金額を書く場合

      表面の中央に縦書きに書く
      裏面に住所・名前を書く

      • 香典の中袋の裏面に金額を書く場合

       表面は白紙にする
       裏面の右側に金額
       左側に住所・名前を書く

    3. 香典の中袋の金額の書き方
      • 金額は旧漢字で書き
        金額の前には「金」と付ける
    4. 香典の中袋に記載欄が印刷されている場合は
      記載欄に沿って書く
      • 記載欄が横書きの場合は
        横書きで書いてもマナー違反
        ではない
    5. 連名で香典を出すときの中袋の書き方
      • 夫婦での連名

      夫のフルネームのみを書き
      故人との関係が夫婦で深い場合は
      夫のフルネームの隣に
      妻の名前のみを書く

      • 2〜3名での連名

      全員の住所名前を書き
      書く順番は年功序列にする
      格差のない場合は五十音順で書く

      • 4名以上での連名

      4名以上は代表者のみの名前を記載し
      代表者の名前の隣に
      「外一同」と記載する

      他の連名者は白紙の紙に
      住所・名前を書き
      香典の中袋に入れる

      • 会社や団体での連名

      会社名・団体名を記入し
      「一同」と最後に付け
      会社が代表して香典返しを
      いただくようにする。

    地域によっては不幸なことが
    重なるという意味で中袋を
    使用しない地域もあるようです。

    香典をお渡しする際には
    故人の地域では
    どのような風習があるのか
    必ず確認しておきましょう。

    なお香典を包むふくさについては
    以下の記事をご覧になってください。

    葬式で香典を包むふくさの色と種類は?包み方や渡し方も徹底解説!葬式で香典やお布施を包むときに使用するものを袱紗(ふくさ)といいます。 あなたも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか? ...
    「喪主24時」の人気記事
    関連記事はこちら