法事

お坊さん便を利用して一周忌法要を行う時の費用や準備と流れを解説

故人を送ってもうすぐ一年。
一周忌法要の準備はできていますか。

初めて家族を亡くされたら、何をどうしたらいいかわかりませんよね。
葬儀、四十九日、初盆を終え、次は大事な一周忌法要
大きな節目となるため、故人の友人や知人なども合わせ、集まる親戚も多いです。

しかし、それまで法要をしていただいたお坊さんが不評だった場合、どうしましょうか。
そんなときは「お坊さん便」というネットで申し込める僧侶派遣サービスを検討してみましょう。

この記事では、お坊さん便を利用して一周忌法要を行う時の費用や流れについて解説します。

ネットで簡単に予約できる僧侶派遣
  • お坊さん便 ※僧侶手配が一律初回35,000円。満足できない場合の全額返金保証も!NHKで紹介実績あり

お坊さん便で一周忌法要をお願いするには

お坊さん便では実は各法要ごとに対応してもらえます。
ですので、「お寺が遠いから四十九日だけ」や、「菩提寺がないけどせめて一周忌法要だけ」と、1回ごとにお坊さん便に頼るということができます。
もちろん各宗派に対応していますし、宗派がわからなくても大丈夫です。

お坊さん便手配の流れ
  1. まずは公式HPから申し込みましょう。
    • 連絡先や宗派など、必要事項を入力します。希望があれば、どんなお坊さんに来てほしいか、伝えることもできます。
  2. お坊さんの手配、報告、手配報告書の送付
    • 相談員の方から連絡があります。手配報告書も送付してくれますので内容を確認しましょう。なお、カード決済の場合はこの際に済ませます。現金一括の場合は当日にお渡しします。
  3. お坊さんから挨拶連絡
    • 担当のお坊さんから連絡が入り、当日に必要なものや詳細を打ち合わせします。会食に参加されるかも尋ねておきましょう。
  4. 当日までに準備を進め、必要なものをそろえましょう。
  5. 法要当日を迎えます。

後述しますが、一周忌法要は四十九日法要に続き大事な法要であるため、準備することがたくさんあります。
そのため、お坊さんを手配する場合は余裕を持って予約しましょう。

\安心の定額制!追加の費用一切なし/

お坊さん便 公式サイトはこちら
※お坊さんとの付き合いは一度きり
※葬儀、四十九日などすべて対応可

お坊さん便は安心の一律定額制

法要にかかる金額って、どのくらいかご存じですか。
四十九日法要を行った時はどのくらいでしたか。

お寺や宗派によって変わりますが、本位牌を用意して開眼供養を行う時は

お坊さん便での法要は一律、35,000円(※)で執り行ってくれます。
※初回の利用のみ、次回以降は45,000円

これは一周忌法要に限らず、四十九日法要や初盆の法要でも同じです。
その上、別途お車代やお膳料も必要ありません。

さらに嬉しいのが、納骨法要や開眼供養を同時に行う場合でも、追加費用がかからないことです。
仮位牌の引き取り、お炊き上げにも追加費用0円です。

支払い方法は現金のみではなく、クレジットカード決済(※)やコンビニ後払いにも対応しています。
※VISA、MasterCardのみ

ただし、自宅からお墓まで等、移動を要する場合は、追加で10,000円かかります。
また、複数名の法要を一度にする場合も、追加で10,000円必要です。

一周忌法要の流れ

一周忌に限ったことではありませんが、主な法要の流れは次の通りです。

  1. お坊さんを仏前まで案内する
  2. 施主が参列者に挨拶
  3. お坊さんによる読経
  4. 施主を先頭に焼香
  5. お坊さんによる法話
  6. お坊さんが退場し、法要終了
  7. 会食(お坊さんが参加しない場合、ここでお布施等を渡す)
  8. 施主が引き出物を渡す

法要が終わった後、場合によっては墓参りをすることもあります。
遠方であれば行いません。

なお、以下のような引き出物は、どんな方にも喜ばれますよ☟

一周忌法要に向け準備しておくこと

四十九日法要に続き大事な法要です。
四十九日法要もそうですが、一周忌法要まではあっという間に時間が過ぎてしまいますので、早めの準備が必要です。

  • 参列者への案内状
  • お坊さんの手配
  • 一周忌を行う場所の手配
  • (お墓や自宅以外の場合、自宅に仏壇がない場合は相談する。ホテルで行う場合もある。)

  • 供え物、供花の手配
  • お布施の用意
  • (白い封筒に包めば良いですが、表に「お布施」と書くと丁寧です。)

  • 会食の用意
  • (外部に頼む場合は法要であることを伝えるとスムーズ。)

  • 参列者への引き出物

人気記事:いまどき香典返しの中身4選!←コレぶっちゃけ喜ばれます!

【まとめ】お坊さん便で法要をするなら

菩提寺が遠い、お寺との付き合いがない方に人気のお坊さん便ですが、一つだけ注意点があります。
それは「菩提寺がある場合、必ず菩提寺の許可を先に得る」ということです。

こちらはパンフレットなどにも書いていますが、菩提寺の許可を得ずに供養を行った後にトラブルとなるケースがあるからです。
双方にとって気持ちの良いように、菩提寺の許可を得てからお坊さん便を利用するようにしましょう。

お坊さん便での法要まとめ
  • お坊さん便は24時間365日申し込み可能
  • 法要料は一律35,000円(初回利用時のみ)
  • 一括現金またはクレジット決済に対応
  • 納骨法要、開眼供養も追加費用は不要

お坊さん便では全国に1,000名以上のお坊さんと提携しています。
「葬儀で対応したお坊さんが好きではなかった」との理由でお坊さん便を利用された方も居ます。
毎日のようにお会いする人ではないけれども、だからこそ嫌な思いをしたくないですよね。

また、お坊さん便では「お布施」は定額ですから、包む金額で頭を抱える必要はありません
あなたに寄り添うお坊さん、それがお坊さん便です。
これなら「お寺」との距離が近くなりますね。

\安心の定額制!追加の費用一切なし/

お坊さん便 公式サイトはこちら
※お坊さんとの付き合いは一度きり
※葬儀、四十九日などすべて対応可

人気記事:お坊さん便に登録しているのは審査を通過した本物のお坊さん!

「喪主24時」の人気記事
関連記事はこちら